'How the body of Asian female is being depicted during the Asia-Pacific War? What kinds of activities did women artists do? This book presents over 100 paintings and photographs that highlight colonialism and gender issue surrounding the female from Asia.' -translated and excerpted from the book cover



アジア・太平洋戦争時、アジアの女性身体にはどのようなまなざしが注がれたのか。また、女性美術家はどのような活動をしたのか―100点を超える絵画・写真から、アジアの女性たちを取り巻いていた植民地主義やジェンダーの力学を浮き彫りにする。

Title type

Translated

Access level

Onsite

Location code REF.KIM3
Language

Japanese

Keyword

genderEast Asiaart historywar

Publication/Creation date

2013

No of pages

304

ISBN / ISSN

9784787233523

No of copies

1

Content type

anthology

Chapter headings

第1部 女性美術家は帝国日本をどう生きたのか

第1章 戦時下の日本の女性画家は何を描いたか—長谷川春子と赤松俊子(丸木俊)を中心として

- Reiko KOKATSU, 小勝禮子

第2章 戦争下の美術家・長谷川春子—《ハノイ風景》(一九三九年)の絵を中心に

- Megumi KITAHARA, 北原恵

コラム イトー・ターリ

- Niina TAKEMOTO, 嶽本新奈

第2部 植民地と/の女性表象の政治性を問う

第3章 日本統治下の植民地の美術活動

- Toshiko RAWANCHAIKUL, ラワンチャイクン寿子

第4章 植民地期韓国のモダンガールと遊女

- KIM Hyeshin, 金惠信

第5章 近代化のための女性表象――「モデル」としての身体

- Kaoru KOJIMA, 児島薫

コラム ユン・ソクナム

- Reiko KOKATSU, 小勝禮子

第3部 「慰安婦」表象は戦争の記憶をどう語るか

コラム レベッカ・ジェニソンとの「上空対談」

- Yoshiko SHIMADA, 嶋田美子

第6章 古沢岩美が描いた「慰安婦」―戦争・敗戦体験と「主体」の再構築

- Megumi KITAHARA, 北原恵

第7章 日本映画にみる〈在日〉女性と朝鮮人〈慰安婦〉、その声の不在

- Mika KO, 高美哿

コラム アルマ・キント

- Miho NAKANISHI, 中西美穂

終 章 ジャガイモの花

- Soni KUM, 琴仙姫

研究動向 植民地時代美術を中心にした韓国近代美術研究の動向

- Yongcheol KIM, 金容澈
How Body of Asian Women was Depicted: Visual Representation and Memory of the War
Share
Citation
Rights statement

In Copyright

What does this mean?

This item is covered by one or more copyrights. It is available for research only or use within Hong Kong’s fair dealing rules. Please do not copy, re-use or reproduce this item without the permission of the copyright holder.

Depiction of Female Body: Visual Representation and Memory of the War , アジアの女性身体はいかに描かれたかー視覚表象と戦争の記憶

In light of the current COVID-19 situation, AAA Library will remain temporarily closed till 5 February.