This book presents a collection of interviews and talks between Fram Kitagawa with more than 20 art practitioners including:

Fukutake Soichiro, Ikeda Osamu, Taneo Kato, Yoshiharu Fukuhara, Naoyuki Kinoshita, Yusuke Nakahara, Goji Hamada, Yukichi Matsumoto, Taku Satoh, Yosuke Yamashita, Terunobu Fujimori, Shigesato Itoi, Tamotsu Yamade, Kohei Sugiura, Keiichi Taira, Kishin Shinoyama, Tadanori Yokoo, Osamu Hashimoto, Yayoi Kusama, Takashi Murakami, Tadashi Kawamata, Kuhachiro Koarashi, Seiji Tsutsumi, Nobuhiro Takahashi. 

Short introduction about the four art projects (Echigo-Tsumari Art Triennial, The Setouchi Triennale, Water and Land Nigata Art Festival, Ichihara Art x Mix) led by Fram Kitagawa, and a chronology listing Kitagawa's biography along with events happened in the field of art and culture, politics and society from 2000–2014 are provided. 

Title type

Translated

Access level

Onsite

Location code REF.KIF2
Language

Japanese

Publication/Creation date

2013

No of pages

344

ISBN / ISSN

9784568430813

No of copies

1

Content type

transcript, 

interview documentation, 

monograph

Chapter headings

はじめに 共通の世界風景をみるために

 

[第一部] インタビュー

 

Interview: 01 お年寄りの笑顔があふれる場所をつくりたい |福武総一郎

 

Interview: 02 本当に柔軟でリベラルな美術の場とは|池田修

 

Interview: 03 アートを介して人が動くということ|加藤種男

 

Interview: 04 小さなことから始まる大きな変革|福原義春

 

Interview: 05 「美術」も「アート」もなかった時代へ|木下直之

 

Interview: 06 「脱芸術」としての美術のあり方|中原脱芸術」としての美術のあり方|中原祐介

 

Interview: 07 偶然を取り込み、形のないものの力を信じて|浜田剛爾

 

Interview: 08 日常から新たな世界観を創出する|松本雄吉

 

Interview: 09 よく観察し、深く追究し、真剣に取り組む|佐藤卓

 

Interview: 10 肉体的に行動することの、強さと影響力|山下洋輔

 

Interview: 11 21世紀建築の未来を見通す眼差し|藤森照信

 

Interview: 12 「言葉」や「場」に生きじる呪縛から逃れる|糸井重里

 

Interview: 13 ユニークな美術館、まちづくりのための思索|山出保

 

Interview: 14 人類としての記憶の根源に立つデザイン|杉浦康平

 

Interview: 15 「ハイブリッド」に託された、建築の未来|平良敬一

 

Interview: 16 論理を超越した、肉体派写真家の現在形|篠山紀信

 

Interview: 17 美術は生き方。生理や肉体に従う作品制作|横尾忠則

 

Interview: 18 感じたことを正直に、掘り下げていく思考|橋本治

 

Interview: 19 いい作品をつくりたい、それが人生のすべて|草間弥生

 

Interview: 20 芸術の変革への強い意志と闘力|村上隆

 

アートプロジェクト・ガイド 2000–2014

 

[第二部] 対話・講演

 

Talk: 01 自然と文化の固有性を見直す—越後妻有アートトリエンナーレが問いかけたもの|川俣正x北川フラム

 

Talk: 02 運動も美術も、排斥ではなく協働を北川フラム[元東京藝大全共闘]に聞く、60年代・70年代を検証する|聞き手:小嵐九八郎

 

Talk: 03 共につくること、そして、町を元気にしよう|辻井喬x北川フラム 聞き手:佐藤真

 

Talk: 04 アートが作り出す、これからの地域のあり方|聞き手:高橋信裕

 

Talk: 05 アートの力で社会をつなぐプロデュース力—海の副権と、アジアのアート・ハブに

 

あとがき

 

「アートの地殻変動」関連年 2000–2014

 

初出一覧

 

Earthshaking Changes in Art—The Turning Point of 'Art, Culture, Society' in Japan
Share
Citation
Rights statements

In Copyright

What does this mean?

This item is covered by one or more copyrights. It is available for research only or use within Hong Kong’s fair dealing rules. Please do not copy, re-use or reproduce this item without the permission of the copyright holder.

Earthshaking Changes in Art—The Turning Point of 'Art, Culture, Society' in Japan, アートの地殻変動—大転換期、日本の「美術・文化・社会」